【大阪】メディアで超話題!アメ村にある今が狙い目の進化形イチゴあめ専門店「ストロベリーフェチ 大阪アメ村店」

こんにちは!大阪を中心に食べ歩きブログを書いているMAKONUTSです。
今回、ご紹介するのは大阪の難波にあるアメリカ村(通称アメ村)のど真ん中にあるイチゴあめ専門店「ストロベリーフェチ 大阪アメ村店」です。こちらのお店はコロナ以前はメディアにたくさん取り上げられ、常に大行列でしたが、コロナ以降、気軽に寄れるようになっているので行ったことが無い方は今が狙い目ですよ!!

場所は大阪、心斎橋駅からすぐのアメ村にあり、ニトリが近くにあるお店です。
コロナ以前はデートに来たカップルや、若い女の子で溢れていました。また、今年は夏祭り等がどこも開催されないので、毎年お祭りでリンゴ飴、イチゴ飴を食べてたのに~という方にもおススメです!
外観はわかりやすいストロベリーを前面に押し出した見た目で、若い女の子が喜びそうな感じです。
看板にはテレビ等のメディアに取り上げられた時の写真が多数貼ってあります。以前、通った時も芸能人が取材に来ていて、お店の前は通れないほどの人だかりでした・・



しかし、今回訪れてみると店の前に人はおらず、店内には若い男性のお客さんが一人だけでした!
せっかく空いていたので、実際どれくらい進化形なのかを試しに実食してみることにしました。
まず店内は狭いですが映えを意識した感じの作りになっており至る所にイチゴが飾られています。
今回はお試しに行ってみたので、イチゴが3つ付いて400円のイチゴ飴を購入しました。
注文するとそのまますぐに手渡してくれます。



イチゴ飴自体の見た目はよくある屋台のイチゴ飴と変わりませんね。
ただ、お店の雰囲気などと合わせると確かに映えそうです!その辺りが女性客に人気の理由でしょうか?
実際に食べてみると、周りをコーティングしている砂糖がパリッとしており、カラメルっぽい味わいです。
イチゴも冷たくて、みずみずしいので美味しいです!

これなら暑い夏でも全然食べられます!!
屋台の甘ったるいイチゴ飴に比べ食べやすくて、イチゴ自体も美味しいので、確かに進化形です。
歯にもくっつかないので食べやすいところも良いですね!
値段も屋台で300円~500円位だと思うので、あまり変わらないのではないでしょうか。

現在は、コロナの影響でお店が空いているようなので、興味はあるけど並んでまで行くんわな~と思っていた方や、一度行ってみたかった!という方、店舗自体が東京と大阪にしか無いようなので観光に来た方など、今が狙い目なのでぜひ行ってみて下さいね♪

  • おススメ度    ★☆☆
  • おすすめメニュー その日の体調次第で!!

お店の情報は☟のとおり

関連ランキング:スイーツ(その他) | 四ツ橋駅心斎橋駅大阪難波駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA