【長野】地元で長年愛されている義経鍋でジンギスカンが味わえる焼肉屋さん上諏訪「南大門」

こんにちは!大阪を中心に食べ歩きブログを書いているMAKONUTSです!!
今回、ご紹介するのは長野県諏訪湖を望むビルで義経鍋を使って、ジンギスカンが味わうことが出来る地元で長年愛されている名店「南大門」です。

場所は上諏訪駅、下諏訪駅のちょうど間くらい車で10分程度の位置にあり、20号線沿いにあります。
諏訪湖にほど近いロケーションで素晴らしい雰囲気です。お店は大きなビルになっており、駐車場も広いです。
今回はたまたま諏訪湖沿いに行ったときに、お腹が空いて近くに美味しい店は無いかなと探していた時に、たまたま南大門の大きな看板と地元に愛されている名店ということをお聞きしたので、行って見ることにしました。



お店はパッと見、田舎の旅館と言った感じの見た目ですが、夜の営業時間になると宴会場的な様相に変わります。席数は150席もあり、1階はテーブル席で50席ほど。2階・3階は畳敷きのお座敷・広間の席になっていて、個室も何部屋かあるようです。
諏訪湖畔というロケーションなので、焼肉しながら諏訪湖を眺めることができる好立地です。
今回は1階に案内されたので、諏訪湖を望むことは出来ませんでしたが、地元のお客さんで賑わっていました。



早速、注文していきます。メニューは牛、豚、ラム、馬肉、ホルモンなどがありますが、長野では、焼肉と言えばジンギスカンらしく、郷に入れば郷に従えということでジンギスカンを注文してみます。
焼肉以外にもラーメンや冷麺、ユッケやスープなども色々あります。
こちらのお店では『義経鍋』という茹でる、焼くが同時に出来る鉄板を使用しています。真ん中に水が入れれる小さな鍋で、肉を注文すると必ず添えられる野菜を茹でつつ、脇の鉄板で肉を焼きます。溝があって脂は外側に流れるようになっています。



食べるとジンギスカン独特の味わいはありますが、臭みは無く食べやすいです。
また、タレは醤油と味噌ベース2種類あり、こちらのお店一押しのの味噌ダレは酸味の効いたあっさりとしたタレでお肉に合います。
お肉と一緒に野菜を必ずつけてくれるので、お肉と野菜を交互に食べながらヘルシーに食べ進めていくことが出来ます。
値段は少し高めですが、一人前の量がけっこう多いです。
平日限定ですが、たまに半額セールもしているらしく、その辺りも地元で愛されている理由かもしれません。
諏訪湖に遊びに来た際には、珍しい義経鍋で味わうジンギスカンを楽しんでみてはいかがでしょうか?
なお、無煙じゃないので店に入ると煙がモクモクしており、焼肉臭くなりますが、そこは覚悟していってくださいね!

  • ススメ度    ★☆☆
  • おすすめメニュー ホルモン

お店の情報は☟のとおり

関連ランキング:焼肉 | 上諏訪駅下諏訪駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA