【京都】「Go To トラベル」に期待!例年数万人規模の京都アメリカンフードフェスに行ってみた!!!

こんにちは!今回は京都で開かれた『京都アメリカンフードフェス』というフードイベントに行ってみました!本格的なアメリカンフードを提供してくれることで例年数万人が集まる大規模イベントですが、「Go To トラベル」が始まったいま人気観光地のイベントはどうなっているのでしょうか?

新型コロナウイルス感染拡大により、大きな打撃を受けた観光業界の活性化として、政府が2020年4月に「Go To キャンペーン事業」を発表し、7月22日より先行スタートされました。
そんな中、日本一の観光地である京都で行われた『京都アメリカンフードフェス』に行ってみました。
開催場所は蹴上駅から徒歩5分程度に位置するkokoka京都市国際交流会館前です。このあたりは京都市動物園や美術館などがあり、普段であれば京都でも人気のスポットだと思います。
しかも「Go To トラベル」がスタートし、夏休みも始まり、イベントとなるとそこそこ人も集まりそうですが、実際は・・・

まずほとんどネタバレですが、蹴上駅に着くと人がほとんどいません。一緒に電車を降りたのは数人でした。
また、駅から同じ方面に歩いていく人もいません。各方面から大不評と噂の「Go To トラベル」ですが、この惨状を目の当たりにすると本当に観光業界の活性化につながるのか?という疑問がよぎります。
ともかく、行ってみようということで会場に着くとお昼にも関わらず人はまばらで、例年数万人を集めているフードイベントとは思えない人の少なさです。イベントにも関わらず密集しているところはありません。



会場の入り口では感染症対策が厳重に行われており、スタッフがアルコール消毒のお願いをしています。
屋外のイベントであっても、やはり今はコロナ対策が徹底されていますね!
閉鎖空間でもっと密になっている飲食店よりずっと厳しいです。全然人がいなくてもイベントなので敏感なのでしょうか?



アメリカの旗がたくさんゆらめいていますが、活気はなく、イベントでよく見る行列もありません。
とりあえず、アメリカンフードのイベントでトルコ料理というのも良くわからないな~と思いながらも、暑かったのでトルコアイスを頂いてみました。
トルコ人(?)の方が樽のようなバケツでアイスを捏ねて、パフォーマンスしてくれます。
食べてみるとあっさりとしたバニラ風な味です。よくわからない味でしたが、暑い中ブラブラしていたのでとても美味しかったです!



他にも見て回りましたが、にぎわっているお店は無く、クラスターの発生のしようが無いくらい寂しいフードイベントでした。
せっかくなのでアメリカンフードを!とも思いましたが、あまりの暑さにハンバーガーを食べる気にもならず、クラフトホットソースという珍しい屋台を見て、今回は早々に引き上げることになりました。



帰る前にお店の人に話を聞いてみると”「Go To トラベル」にも期待していたので今回はあまりの人の少なさに驚いている”とのことでした。
また、”屋台や移動販売は飲食店と違い、政府からの援助も無く、現在は他に出店する場所も無いので本当に生活が苦しい”と言っていました。
本来であれば大賑わいのイベントだそうですが、近くの京都市美術館や南禅寺も人がほとんどいなかったので、やはり「Go To トラベル」で観光業の生活を支えるのは難しそうです。
この調子だと飲食店だけでなく、京都の観光業界は潰れてしまうのではないかと心配になるほどでした。
こちらのアメリカンフードフェスは毎年開かれているそうなので、興味のある方は⇩からチェックしてみて下さい!
コロナウイルスが収まったら、また、賑わっているときに行って見たいですね♪

  • おススメ度    ☆彡
  • おすすめメニュー トルコアイス

お店の情報は☟のとおり

https://www.walkerplus.com/event/ar0726e373531/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA