スポンサーリンク

【淡路島】地元の美味しい食材を使った朝食ブッフェを食べるならココ!旧ウェスティンホテル淡路《新グランドニッコー淡路》「コッコラーレ」

最近のコメント
    こんにちは!今回は淡路島でも大人気のウェスティンホテル淡路《現在はグランドニッコー淡路にホテル名が変更》「コッコラーレ」の朝食ブッフェを利用しました!!コロナウイルスの影響でしばらくブッフェは中止となっていたようですが、現在は営業中しているのでGOTOトラベルを利用して、格安で淡路島産の美味しい食材を使った朝食ブッフェをたくさん味わってきました!

    こちらの「コッコラーレ」の場所はウェスティンホテル淡路内の2階にあります。



    朝食のビュッフェの他にランチ、ディナーがあり、現在はリゾートバーベキューが開催されています。詳しくははウェスティンホテル淡路の公式HPより確認してくださいね!!



    入り口ではコロナウイルス対策のために体温の測定、アルコール消毒がスタッフによって行われます。
    また、席に着くとビニール手袋が用意されており、料理を取りに行く際には手袋を着用する必要があります。また、料理には全て蓋が付けられており、コロナ対策がなされていました。




    ドリンクコーナーにはコーヒーやオレンジジュース、淡路島産の牛乳以外に、ケールのドリンク、トマトジュースなど豊富なラインナップです。



    料理は向かって右側にオムレツコーナーと洋食があります。そして、左側が和食コーナーとなっていました。



    オムレツコーナーではプレーンオムレツを注文することが出来て、目の前で調理してくれます。
    ソースは淡路島ならではの玉グラスソースという玉ねぎを使ったデミグラスソース、ケチャップが用意されています



    その他、洋食コーナーには淡路島産の玉ねぎをローストしたものやサラダ、生ハム、チーズ、ベーコン、ソーセージ、淡路牛を使ったコロッケ、子供も嬉しいパンケーキ、ドーナッツ、パン各種が用意されています。



    サラダには生ハムと大根を合わせましたが、サラダは新鮮で美味しく、ドレッシングは少し濃い目の玉ねぎ、フレンチ、イタリアンと用意されていました。特にフレンチドレッシングは美味しくて、レベルの高さを感じます。



    ローストされたオニオンは甘さが引き立っており美味しかったのですが、冷たいので出来立ての温かいオニオンであればもっと美味しかったと思います。
    また、意外とおいしかったのが淡路牛を使っているというコロッケ!!
    始めはホテルブッフェでよく使われている冷凍の美味しくないものかな、と疑いながら食べてみましたが、コロッケの旨みがしっかりと味わえ美味しかったので、皆さんもぜひ食べてみて下さい!



    パン類は食事パンの他にパンオショコラ、クリームパイ、アップルパイやグルテンフリーのパンが用意されており、中でもクロワッサンは美味しかったです。
    ジャムも自家製のイチゴ、イチジク、マーマレードの他に珍しいビワのジャムなどもあり、色々な味を楽しむことが出来ます。



    和食コーナーも一通り食べましたが、どちらかというと淡路島産の食材をメインにした洋食が美味しかったように思います。
    ただ、写真のカレーは淡路島産の玉ねぎがふんだんに使われており、玉ねぎの甘みがこれでもか!という程味わえます。そこにカレーのスパイシーさがバランスよく合わさって、ブッフェのカレーではトップクラスに美味しかったです。
    その他、ヨーグルトやフルーツも美味しく、最後まで食事を楽しむことが出来ました!

    グランドニッコー淡路(旧 ウェスティンホテル淡路)への予約はコチラから!!

    コロナウイルスの影響かもしれませんが、以前、利用した時より品数が少し減っている感じはしましたが、様々な美味しい食事を朝から味わえるウェスティンホテル淡路「コッコラーレ」は淡路島観光の際にぜひおススメしたいと思います。



    ちなみにMAKONUTSはGOTOトラベルを利用して、今回、ウェスティンホテル淡路に宿泊したのですが、朝食付きでなんと1人8千円弱という超格安で宿泊することができました!お部屋も広く、ベッドはキングサイズでしかも、事前にベビーベッドをお願いしておくとホテルが用意してくれるサービスもあるので、赤ちゃん連れでも安心して利用できました!
    食事はもちろんこのようにおススメポイントがたくさんのウェスティンホテル淡路に皆さんも行ってみて下さいね~

    • おススメ度    ★★☆
    • おすすめメニュー コロッケ、玉ねぎ系、サラダ、カレー

    お店の情報は☟のとおり

    関連ランキング:バイキング | 淡路市その他

    コメント