【大阪】フレンチ出身の店主が作る泡系鶏白湯ラーメン 「中華蕎麦 葛(かずら)」

今回、ご紹介するのは本町で人気の泡系鶏白湯ラーメン「中華蕎麦 葛(かずら)」です!オープン時から評判のお店で、口コミの評価もほとんど高い評価となっており、期待が高まります。フレンチ出身の店主が作る極上のラーメンは一体どんなお味なのでしょうか?

場所は大阪市西区阿波座にあり、駅で言うと地下鉄四つ橋線本町駅から徒歩2分、本町駅23出口から徒歩約1分、阿波座駅2出口から徒歩約7分、西大橋駅2出口から徒歩9分でどの駅からも10分以内に位置しています。
すぐ隣にはコインパーキングもあるので車でも行くことが可能です!
オープン時からかなりの人気で、何度も前を通る機会はあったのですが、タイミングと列に圧倒され行くことが出来なかったお店です。
今回は少し時間に余裕があったので11時ちょうどくらいに行って見ました!!
が、11時時点で既に店内は満席、外には10人以上の列が・・・
ちなみに外観は大きな看板があり、常に並んでいるのでお店の前に行くとすぐにわかります。暖簾には泡系ラーメンで有名な奈良県の「みつば」の文字がありますが、何か関係があるのでしょうか・・




30分程並んで、店内に入ると細長いカウンター席のみになっており、注文は食券で行います!
今回は『出し蕎麦』と『あわい蕎麦』を注文してみることに、驚きなのはどちらも値段は600円~700円台!!
最近はラーメンも高額になってきたので、このチェーン店並みの価格帯には驚きです。
カウンター席に座り、10分程待っていると2つ同時に出て来ました!
まずはお店の看板メニュー『出し蕎麦』をいただきます。
こちらの『出し蕎麦』は本枯れ節と二種の醤油が使われているようで鶏の旨みカツオの出汁、上品な醤油の香りがする和風のラーメンでした。



次に『あわい蕎麦』をいただいてみます。
こちらの『あわい蕎麦』は『出し蕎麦』より更にクリーミー感があり、クラムチャウダーのような味がします。
アサリと甘エビで出汁を取っているようなので、なるほど・・さすがはフレンチ出身!と納得の味です!クラムチャウダーのように濃厚ですが、上品な味に仕上がっておりクリームソースとは一線を画しています。また、卓上の粒胡椒を入れるとさながらカルボナーラのような味にもなり、他では味わえない洋風のスープとなっており、飲み干したくなります!



どちらのスープも非常にレベルが高いのはもちろんですが、具もシンプルながらこだわっており、特に『あわい蕎麦』のクリーミーさにアクセントをくれる玉ねぎ、一口食べると今まで食べたことが無い独特の香りのする燻製チャーシューどちらも洋風なスプにマッチしており、『出し蕎麦』の方が人気の様ですが、この組み合わせを存分に堪能できる『あわい蕎麦』をぜひ食べてみて欲しいと思います!

高評価も納得の美味しいラーメン店「中華蕎麦 葛(かずら)」さんは人気店なので、行列必至ですが関西を代表する泡系ラーメンに間違いないので、ぜひ皆さんも訪れてみて下さいね♪

  • おススメ度    ★★
  • おすすめメニュー 『あわい蕎麦』

お店の情報は☟のとおり

関連ランキング:ラーメン | 本町駅西大橋駅阿波座駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA